デニムエプロンからリメイクランチバッグ

Bag

しっかりした生地のエプロンから、働き盛りの男性用のランチバッグを制作♪

しっかりしすぎた生地らしく重いエプロン。けれど、バッグの生地としては最適。量も十分!

 

早速、切り刻み・・・いや、もとい、ほどいていきます(笑)

あ、なんか楽しい。解体作業が好きなことに改めて気づく。ふふ。

せっかくなので、ポケットもロゴも生かしてみる。サイドに2WAY用のDカンを縫いこんでおく。

重さに耐えられるように3本ステッチかける。

まだこのぺらっとした部品も組み合わせると、もっとしっかりしてきます。下記参照。

 

▼裏側、うすい芯地を貼っておく。これだけでも違いが出る。

 

▼表生地と内側の生地を合わせてみる。ほぼぴったり。いいんです、ほぼでww リメイクは作り方が緩い。

ここにさらに巾着口を合わせて、縫います。さすがにこのままは縫いません。ちゃんとしつけをします。後で困るのが自分だから~。

 

▼ステッチかけて、はい、完成~~ヽ(´∀`。)ノ

元々あるポケットの関係上、これ以上のサイズもこれ以下のサイズもできなかった。

サイズ:横幅34cm 高さ28cm 底の奥行14cm 入れ口の奥行10cm 持ち手の長さ40cm

▼巾着口を絞って上から見たところ。大きなお弁当も入るかな。水筒も一緒に。
この形、気に入っていただいて、中身が見えなくて、少し荷物が増えても巾着の中に収まるころがいいんですって。
私も子どもが小さいときに使ってたマザーバッグは、この形でした。

▼底の部分。ここだけは少し厚めに芯が貼ってあります。

 

▼サイドもいい感じに縫い合わさってます。ショルダー用ナスカンをひっかけるところです。

 

なんだか、ミシンの調子が若干悪い・・・よし、とりあえず掃除しようとかまを開けたら、けっこうなホコリがあって、原因はこれかも! ホコリ除去! ちょっと調子戻ってきた。

お手入れは、しておかなくちゃだめですねえ。(´-ω-`)ゞ 

タイトルとURLをコピーしました